Symbian-Nokia.org

シンビアン、ノキア大好き人間大集合

Symbianの仲間

シンビアンで動く携帯電話のグループ

MOAP(Mobile Oriented Applications Platform)

MOAPのUIはドコモのFOMAシリーズのためのUIです。ドコモのFOMA端末のうち、富士通製(Fシリーズ)、三菱電機製(Dシリーズ)、シャープ製(SHシリーズ)、ソニーエリクソン(SOシリーズ)はMOAP(S)を採用しています。らくらくホンもシンビアンOSです。MOAPにはLinux版もある(NECとパナソニックが採用)のですが、携帯OSとしての成熟度からいくと、シンビアンに分があるようで、発表されてからの発売はシンビアン系の方が早いようです。
日本でもスマートフォンって言葉が耳に入るようになってきましたが、日本のケータイはスマートフォンそのものなのです。
ただ、FOMAでの設計に厳しい制約があり、対応できるファイル、ソフトなどが著しく制限されていて、自由度がないのが残念です。

日本で発売されたMOAP端末
富士通 らくらくホンI,II,III, F702iD,F903i,F902iS,F902i,F700iS,F901iS,F700i,F901iC,F900iC,F900iT
三菱電機 D903i,D702iF,D702iBCL,D902iS,D702iS,D902i,D701i,D901iS,D901i,MusicPorterX,らくらくホンシンプル
シャープ SH903i,SH702iS,DOLICE SL,SH902iS,SH902i,SH702iD
ソニーエリクソン SO902iWP+,SO702i,SO902i,SO903i
2006年11月現在

S60(旧シリーズ60)

ノキアが提唱するUI。シンビアンUIの中でも過半数近くをこのS60が占めます。NOKIAのスマートフォンと呼ばれるシリーズにはこのS60がほとんど採用されています。ボーダフォンの702NKや804NKもこのS60です。面白いのはNM850iGで、FOMA端末ながら、MOAPではなくこのS60でimodeに対応しています。
スマートフォンと呼ばれていますが、S60の最大の特徴は「携帯電話らしい」こと。携帯電話としての使い勝手を優先しつつ、他の機能を充実させるといった手法が取られています。そのため、あとから、アプリをインストールできるような仕組みを採用しています。
日本で発売された702NKや804NKはアプリインストール制限がかけられ(有志によってインストールできるものもあるが)結果、他機能を組み込みアプリとしたMOAPより、機能が劣るといったイメージが付きまとってしまっています。
本来のS60端末であれば、アプリをインストールすることによってMOAP以上の高機能にもなるのですが、残念です。
もっとも購入してすぐ使えるという意味では、MOAP端末の方がはるかに優れています。ただ、使っているうちに不満(たとえばソフトキー位置が気に入らないなど)を解消できるのはカスタマイズに優れるS60です。
この点は国産車と外車の違いに近いかもしれません。最初からフル装備で、そのまま乗れて満足する国産車に対し、メンテナンスをかけ自分の好みに徐々に仕上げていく外車と。ノキアの端末はそんなに故障しませんけど(笑)

S60はノキア製ですが、ライセンス契約もされており、サムスンなどからもS60端末は発売されています。

UIQ

パネルタッチ操作を主体にとりこんだUIそれが、UIQです。日本ではドコモのM1000がUIQになります。もっともモトローラがシンビアンから撤退して、Linuxを採用し始めているので、今後、モトローラUIQは発売難しそうです。
先日、ソニーエリクソンがUIQを買収して、ソニエリの子会社になりました。ソニエリから発売されるシンビアン端末はほとんどUIQを採用しています。P9XXシリーズのハイエンドモデルだけでなく、ミドルレンジのモデルまで採用が広がってきて、Walkman携帯もついにUIQ採用され今後が楽しみです。シンビアンの中でもUIQはマイナー(MOAPよりもシェアは低い)ですが、日本人はもっとソニエリのUIQに注目していっていいと思います。
ノキアS60にない特長として、mineエンコーディングを持っているので、日本語表示、特にWEBページなどはなんら問題なく表示できます。そこはさすがソニエリ!入力に関しても、サードパーティからUIQ3用の日本語FEPもアナウンスされていますので、S60端末よりも早く充実した日本語環境がそろいそうです。
また、日本でもずっとファンがいた「ジョグダイヤル」が装備されているのもうれしい点。日本のソニエリ端末がつまらなくなったとお嘆きのあなた!海外用ソニエリは「ソニーらしい」ですぞ。

Series80(シリーズ80)

シンビアンの中で、シンビアンの前身EPOCを採用したPisonの面影を強く残しているのが、このシリーズ80でしょう。ノキアのコミニュケーターシリーズのみに採用されています。
このUIはQwertyキーを前提としていて、携帯電話用OSとは呼べません。PDA用OSって感じです。
コミニュケーター自体も2つのOSを採用していて、PDA部分にシリーズ80、電話部分はシリーズ40(ノキア)で稼動させていることからも携帯電話OSではないのでしょう。
まあ本当にマニアックです。しかも2006年現在、3G対応機種は発売されていませんから日本では使えません。
でも日本語ローカライズはサードパーティからでています。
初心者向けでないことは確かなので、この場では紹介するだけにしておきます。



Website Menu

トップページ
このサイトについて
シンビアン、ノキアの簡単解説
シンビアンの仲間達
初心者目安箱(質問フォーム)
初心者目安箱 過去ログ
メンバーリスト
メンバーページ紹介
Symbian-Nokiaに入会する
メーリングリストに参加する
オフ会のお知らせ
オフ会報告
おすすめショップ